ページ

2010年7月24日土曜日

厳寒の朽木・生杉を想えば by. 阪本 守

 暑い日の続くある日、厳寒の寒風を受けて立つ自分に出会う



大文字の送り火に想いをこめて炎に祈った平安の世界



田植えの時を、思い出す。

2010年7月18日日曜日

ヘルプ!田んぼの草取りたいへんだ!

山水人の祭り期間のまかない用の大事な食糧、お米。
今年こそ、米の買い足しは、避けたいものだ。
ようやくの梅雨明け宣言を受け、田んぼに出て草取り再開。
ニマも頑張って草を投げる。九州の萱刈り から帰ってきたアサヤン、ダーヨシも草取り奴隷のようにはいつくばっている。
セイロク君は村の生産部にしごかれ、自分の田んぼにもいけない。新規参入した長崎クンことタムヤンも、はじめての農業で、あらゆること余裕がない。

ニマもがんばる

僕のカメラの焦点の外へと走り去ってゆく
ひと休み
煙草タイムを畦に寝そべり過ごしていると、カラの観光バスが2台も
原生林の入り口に向かって走っていった。
京都のアシュウの森から滋賀の生杉へ抜ける裕福なトレッカーの、お迎えにきたのだろうか?夏はマッサカリ
ダーヨシの差し入れのスイカで一息ついた。

2010年7月1日木曜日

【STOP原発】7月10日(日)京大で 第5回《私達みんなが直面している危機だからこそ、真実が知りたい》内田ボブ、THE FAMILY、ヒデヨビッチのライブと守田敏也、冨田貴史のトーク

 祖牛です。 

またまた急なお知らせですみませんが、7月10日に内田ボブが京都でライブをしたいと先日連絡があり、急遽思い当たる会場をあたったのですが、すべて埋まっていて困っていたところ、守田さんつながりで京大の教室が無料で借りられることになりました。富田君も山口から夜の7時からなら参加できるとの事で来てくれ、ファミリーやヒデヨビッチもライブをしてくれます。 
守田さんも新しい視点でお話してくれるそうで、期待しています。 
まだ、確定ではありませんが、ほかにもスペシャルゲストが参加してくれるかも? 

次の日曜日7月3日も沢山集まりがありますが、私は山水人の地元 生杉集落の普請(共同奉仕作業)で道の草刈りに午前中参加をし、いつも色々とご迷惑をおかけしている地元の皆さんに今年の山水人の説明もし、賛同をお願いしたいと思います。 
それから、協賛している草津のアースデイに参加をします。 
http://www.sakira-ritto.net/access/index.html 
滋賀つながりで行きます。 

「アバンティ」で行われる「ビキニ事件の真実と福島原発被災のいま-軽視される低レベル放射線内部被曝を考える-」の集まりで 
http://homepage2.nifty.com/hikaku-kyoto/sinpo20110620.gif 
「内部被曝隠しと安全神話-被爆者切り捨てを再現させてはならない」と題して、矢ヶ崎克馬先生(琉球大学名誉教授)が講演されますが、わく星学校のスタッフ清水 響さんのお父さんで、こちらも行きたいのですが、残念です。 
ワクワクキャンプも可能ならば山水人でも受け入れたいと思っていますが、どうなるでしょうか? 

というようなことですが、7月10日の集まりのお知らせです。 

************************************************** 

第5回《私達みんなが直面している危機だからこそ、真実が知りたい》 

NO NUKES ~アジア・環太平洋 非核のために~ 

LIVE: 
内田ボブhttp://amanakuni.net/bob/top.html 
THE FAMILY http://profile.ameba.jp/maizuru-peaceproject/ 
ヒデヨビッチ上杉http://www.gernm.com/ 
TALK: 
守田敏也http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/ 
冨田貴史http://radio-active.cocolog-nifty.com/ 



日時  7月10日(日) 午後3時~9時 

場所  京都大学文学部新館2階 第4講義室 
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/ 

参加費 カンパ制 
    (経費を除いた全額を、『山水人』の有志が行っている。義援金に使わせていただきたいと思います。) 
     http://yamauto.jp/index.html 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

福島原発がまだ危険な状態がつづいているにもかかわらづ、日本政府は各地の原発を再稼働しようとしています。 
今に始まったことではなく以前から、原発の問題は国内だけの事ではなく世界中に大きな影響を与えています。 

原発で使われるウランの多くはオーストラリアの先住民・アボリジニの大地から掘り出され、 
原発の燃料を作る時に生まれる劣化ウランは 
兵器になってイラクやアフガニスタンで放射能をまき散らし、 
日本製の原発はヴェトナムなどアジア諸国に輸出されようとしています。 

過去には太平洋上で大気圏核実験が繰り返されて、ポリネシア、ミクロネシアやそして日本および全世界を汚染し、 
今もアジア、太平洋の各地に被ばくの脅威を与えながら、多くの国は核の道を歩み続けでいます。 
そのような中「日本人はまだ原発を作り続けるつもりなのか」と、世界中の非核を願う人たちが日本列島に住む私たちの意志・選択に注目を寄せています。 

第5回目の集まりも福島原発事故の現状を直視し、もう少し視野を広げ、福島から広島・長崎・上関・沖縄・アジア・環太平洋、そして、原発から原爆、核兵器へとその背景を考え、 
核のない未来の実現に向け、集まりを持ちたいと思います。 

今回も各地で大活躍の守田敏也さんをはじめ、チェルノブイリ原発事故以前から核に向き合いメッセージし続け、近年はパラオやオーストラリアを回る旅にも出ている内田ボブさん、 
上関原発を中心に講演を続ける冨田貴史さん、舞鶴で自給自足の生活をめざし平和や反核のメッセ―ジ歌うTHE FAMILY、 
河原町で一週間ぶっ通しデモも企画し、沖縄・高江から帰ったばかりのヒデヨビッチ上杉さんをお招きします。
また、おにぎり&飲み物を京都に避難しているベジカフェダイニングTOSCOさんと 
オーガニック&ベジタブルフード マチャプチャレさんhttp://yaokan1748.exblog.jp/にご協力いただくことになりました。 

呼掛け人 
 福村祖牛(山水人)sogyu@nifty.com 090-1587-6185 

**************************************************